こんばんは。

しばらく時間が空いてしまいました。

 

加圧シャツすが、やっと1kg痩せました。

たぶん、だいたい同じ時間か夕食前に量っているので、減ったと言えるでしょう。

 

 

 

これを着て、普段の生活と運動をしていました。

着用時間は、朝起きてから、お風呂に入るまでですね。

気になる方はクリックして詳細を見てください。

 

 

本題の自分のプレースタイルを確立することに入りましょう。

前回、前々回と攻めるタイプ、守るタイプと説明をしてきました。

攻めるにも守るにも、戦略が必要ですね。

攻めるには、最後の一発を打つための布石が必要です。

守るには、どこに打つことによって自分が有利になり相手が不利になるか考えなくてはいけません。

 

さあ、ここであなたは、どんなプレースタイルを目指しますか。

攻撃的ストローカー?

オールラウンダー?

シコラー?

ボレーヤー?

 

選択肢は色々あります。

その中で、自分の打つボールと自分の精神的な部分で何が一番しっくりくるでしょうか。

 

打つボールが早くてエースもあるがミスも早い人にシコラーになれとは言いません。

 

逆に、コントロール重視で早いボールよりも確実に返球してミスをさせる人が攻撃的ストローカーに向いているとも思いませんよね?

(ただし、常にではなく、はったりとして必要なことでもあります)

 

出来ることを伸ばしていくほうが楽しいし、長続きします。

私の知り合いでは、ムーンボールが上手い方がいます。

シングルスで35歳以上の部に出ればそれを武器に相手を走らせることが可能でしょう。

でも、ダブルスではそれがあだになって、ボレーの打ちごろになってしまっています。

いいムーンボールが使えるのであれば、もちろんそれにあったプレースタイルをベースにしてほしいですね。

戦略的ストローカーとでも言いましょうか。

シコラーまでもいかないけれど、フラットがそこまで上手ではない。

シコラーのように相手を振り回し体力とポイントを奪う選手になれればいいのではないかと思います。

 

また、別の方では、打ち方自体を悩んでいる方がいらっしゃいます。

プレースタイルよりも、いいボールを打とうと力が入っている感じです。

つまり、ポイントよりもいいボールで打つことが重要になっている。

この場合は、プレースタイルを見つけることから始めなければいけませんね。

私が見る限り35歳以上のシングルスに出場するならば、向上させなければいけないところはまだまだあります。

一番最初に考えてほしいのは、どうやってポイントを取りたいのかイメージをしてもらう事です。

 

頭の中でストーリーが描けているかどうかです。

 

私は〇〇という役でこの試合をしているのです。

 

という主張が欲しいです。その中でのナイスショットを見つけてほしいし、快感にしてほしいと思います。

 

シコラーの役柄ならば、ムーンボールが相手のコートの奥に入ることによってチャンスボールまたは相手のミスが誘える。

ストローカーならば、相手を左右に振ってオープンコートを作りエースをねらう。

 

まさに、今日の錦織圭対チョンヒョン戦がイメージしやすいのではないでしょうか。

浅いボールを待っている錦織圭に対してどこまでもくらいついてチャンスを伺うチョンヒョン選手。

シコラーである私は、あれだけ深く返球し続ければ、相手はミスとエースが同じくらいになるのだと実感しました。

 

長くなりましたので。ここらへんでまとめさせていただきますが、

①私の役割は〇〇がしっくりくる

②役に応じたストーリーを頭の中に描く

③一手先のところまでイメージをする

④無理にプレースタイルこだわらず、その時に対処すべき最適なショット選択をする

⑤自分の立ち位置とプレースタイルがあっているのか確認する

 

このあたりを一度検討されてみてはいかがでしょうか。

長くなりまして申しありませんが、少しでもお役に立てたらと思います。

 

ありがとうございました。

 

合わせて健康のために加圧シャツを着てのプレーをお勧めしますよ。