キス釣り遠投

2017/09/27


注意

  • ※この枠内を編集してください

60を過ぎてからキス釣り遠投を試みました。


初めは浜から75mが精いっぱいでしたが,一年で時折140m位に飛ぶことが有りました。今年2年目になり、竿リール、道糸、力糸、錘等を適切にして飛ばしたら現在150mがコンスタントに出せるようになりました。ただひたすらの練習は駄目だと言われましたが、私はスリークオーターで練習しました。今はこれ以上の距離は無理かなと思っています。時折、いい風が来て7色を10mぐらい引けることもあります。



遠投については、竿を曲げて飛ばすのだという意識を強く持ってどのあたりで力をため、どのあたりで力を入れたら良いかを考えながら実際に錘を付けて、柔らかい竿と硬い竿の両方を使って見ると速く上達すると考えます。又、投げ始めから錘が乗るように力を入れていくと余計に飛ぶと思います。私は、錘を付けないで家の前で素振りをしていましたが、これはあまり効果がないと実感しています。

浜を見ていると齢が行ったので飛距離が出せないという人が多すぎます。私は出せないのなら出す努力をすればいいと思います。年のせいにしないで頑張ってほしい。

ー私の経験から努力して目指していけば必ず道が見つかると観ています。



このような状況ですが砂浜で波を見ながら夕日を見ながら釣れる今の自分に感謝して妻と一緒に釣れたキスを夕食で大切に頂いています。


人間は希望を捨てなければ、楽しいことがもっと楽しくなると、。。。

明日も釣りに行けます様に。